最近のコメント

Thumbnail of new posts 022

: 家庭菜園

さやインゲン・自家採種で安心無限栽培する『ぽて²菜園記』

自家採種は、種子を買わなくても栽培ができること以外にも、メリットがあります。さや ...
Thumbnail of new posts 116

: 家庭菜園

白菜の自家採種・苗移植・食害『ぽて²農場記’22』12月

白菜栽培を、F1の自家採種の種子でもうまくいくか試してみました。「市販の種子」 ...
Thumbnail of new posts 070

: マンガ

漫画エッセイ『ぽて²農場記’22』【家庭菜園周辺マンガ】③

家庭菜園周辺での出来事の漫画仕立てのエッセイです。 今回は、ネズミと鳥たちが出て ...
Thumbnail of new posts 098

: 家庭菜園

キクイモ・勝手に増えー、売れる!『ぽて²農場記’22』11月

家庭菜園のキクイモについての情報です。ここでは、丈夫で採れすぎるキクイモを管理す ...
Thumbnail of new posts 105

: 家庭菜園

サツマイモ・自家製苗でホックホク『ぽて²農場記’22』10月

市販の苗とちょっと違う見た目の自家製苗の植え方をお伝えします。長さのない苗なので ...

ニジュウヤホシテントウの駆除・幼虫の場合『ぽて²農場記’』

2023-06-28

油断で、害虫大発生!
ニジュウヤホシテントウムシ

横長にすると、スマホで見やすくなるかと思います。すみません。

ニジュウヤホシテントウムシが、ジャガイモに大発生してしまいました。

5月までは、ざっとパトロールする程度で、
駆除が追いついていたのに…。

梅雨になり、雨続き…。

雨くらいなら、カッパ着ればいいんだけれど、連日の雷警報!

ゴロゴロゴロゴロ…って。

落雷に無防備な山中につき、作業できない日々が続きました。😱

1週間以上も雷雨が続いた、とある晴れ間、

ジャガイモ畑は、
黄色いニジュウヤホシテントウ虫の幼虫で、
いっぱいでした。

うわー…。

青々としていたジャガイモの葉が、所々、茶色いレースになってしまっています。

遠目で見ると、ジャガイモ畑の3割ほどが茶色く見えます。

これは、マジ、枯れるレベル!

駆除しなければなりません!

幼虫駆除開始です!

と、いうものの
薬剤は使いたくない…な。

doguusisyo

駆除は、幼虫のほうが手間がかかるじょ。
覚悟は良いかの?

幼虫は、成虫のように転がり落ちる逃亡はしないので、
容器での捕獲は向いていません。

ひとつひとつ、こそげおとすか、つまみ取るか、潰すか、です。

体が柔らかく潰れやすいので、大変不愉快な作業です。

鎌、使いやすい!

こちらもご参考に

作業は単純だけど…

これが、なかなかキツイ!

ちまちま、何時間も~!

50mのうねを、5列!

ニジュウヤホシテントウ虫の幼虫

幼虫は7㎜程度。
葉の裏表で葉を食べていきます。

特徴的な歯形は、成虫と一緒だね!

孵化したてのものは、小さく、色も地味で見落としがち。

しかし! すぐに成長します。 見逃し厳禁です!

卵も見かけます。
孵化させるわけにはいきません。 摩滅させます。
葉ごと切り取り、埋めるも有効です。

ニジュウヤホシの卵

卵は、付近の雑草(スギナや芝草)にもよく産み付けられています。

今のうちに!

サナギにもなり始めています。
成虫は飛ぶので、
ここで殲滅しなければ、被害が広がります。

上から見ているだけでは、分からないですが、
葉をひっくり返すとギャー💦という感じです。

ニジュウヤホシのサナギ
ニジュウヤホシの前蛹

しっかり、くっついているので、
サナギは剥がしずらいです!

サナギは、ジャガイモや、その株もとの雑草の、
5㎝までの高さについていることが多いです。

ジャガイモの土寄せは、
この害虫を埋めちゃうって意味もあるんだね!

幼虫駆除のポイント!

さて、これらを鎌で引っ掛けて落としていく際には、
『きちんと土に落ちたか。』の確認が大事です。

途中で、しがみついていることも多いのです。

最初のうちは、これに気がつかなかった…。

全部、こそげ落としたはずなのに、
ひと畝終わって戻ってみると、終了したはずの株にわんさか残っているのです。

ガックリ…。

駆除してない株から移動してきた?

幼虫は飛べないし、あゆみも遅いのに~?
有り得ない!

ここで、やっと、

落とした(ハズの)数より、土の上の数が 少ない…。

と、気づきました。

そうかそうか~

それに気がついて、着地を確かめるようにしてから、
目に見えて幼虫の数が減りました。

やったね!

幼虫が減ると、ジャガイモの新芽も育ち、
徐々に緑の姿を取り戻しました。

やれやれ…。

長雨で、まだ、気温低めの生育適温のままだよ。
ジャガイモの生育は続きそう。

この分なら、例年より収量が上がるかもね✨

今度は、成虫の襲来だ!

こうして、幼虫は殲滅され

平穏な日々が訪れたかに見えたのですが…。

再び、雷雨続きのお天気に!
そして、天気が回復したときには…。

なんと、今度は、成虫が、ガッツリいるではありませんか!

こんなに生き残った幼虫がいたのー?
それとも、
他所からとんできた?

確かに、例年この時期、
成虫が急に増えることがあります。

近隣のジャガイモが終了し、
食を求めて飛来するのでは?と感じています。

7月上旬のこの時期なら、ジャガイモはそれなりに肥大しています。

もう、収穫してもいいぐらい!

ここで、終了ということにして、全面刈ってしまおうか。
とも思ったのですが、

ジャガイモは30℃を超えるまでは、ずっと生育が続きます。
気温が上がらない今年、生育させ続けたらどうなるか興味がありました。

試してみたい!

また、

ニジュウヤホシが好む夏野菜も生育が進んでいます。
ここで、野に放つと、そちらの被害が大きくなるに違いないと!

夏野菜は喰わせないぞー!

さらに、

ここで、ニジュウヤホシテントウの絶対数を減らしておけば、
もしかしたら、今後の発生数も減らすことができるのでは?

上手くいったら儲けもの!

成虫は、幼虫に比べ駆除は楽です。
ただ、時間と根気がいるだけ

はい!

頑張りました!

7月下旬のことでした。

次回予告

本当に駆除が完了したのかえ?

いやあ、それが…!

夏野菜は守られたかえ?

まあ…

お楽しみに!

次回のお話はこちら↓


ぽてぽて実験農場記’22 過去記事はこちら

こちらもご覧ください

写真素材素材【写真AC】


左記のサイト「photoAC」から、
きれいな画質の写真がダウンロードできます。
枚数に制限はありますが、無料です。

当ブログに使った写真も投稿しています。

Twitterでぽて²農場 つぶやいています