最近のコメント

Thumbnail of new posts 017

: 家庭菜園

さやインゲン・自家採種で安心無限栽培する『ぽて²菜園記』

自家採種は、種子を買わなくても栽培ができること以外にも、メリットがあります。さや ...
Thumbnail of new posts 056

: 家庭菜園

白菜の自家採種・苗移植・食害『ぽて²農場記’22』12月

白菜栽培を、F1の自家採種の種子でもうまくいくか試してみました。「市販の種子」 ...
Thumbnail of new posts 122

: マンガ

漫画エッセイ『ぽて²農場記’22』【家庭菜園周辺マンガ】③

家庭菜園周辺での出来事の漫画仕立てのエッセイです。 今回は、ネズミと鳥たちが出て ...
Thumbnail of new posts 001

: 家庭菜園

キクイモ・勝手に増えー、売れる!『ぽて²農場記’22』11月

家庭菜園のキクイモについての情報です。ここでは、丈夫で採れすぎるキクイモを管理す ...
Thumbnail of new posts 061

: 家庭菜園

サツマイモ・自家製苗でホックホク『ぽて²農場記’22』10月

市販の苗とちょっと違う見た目の自家製苗の植え方をお伝えします。長さのない苗なので ...

家庭菜園『ぽてぽて実験農場』日記 【10月24日】  「今日はこんなものが採れました~!」  - 2021年 秋 -

2021-10-28

10月24日(日曜日)

タヌキがでたぞ~!
こんな時は、どうしたらいいんだっけ…?
雨がちで 畑にあんまり来られなかったからかな?
畑の被害ひどくなるのかな?  それは嫌だな。

とりあえず、撮影に成功しました。今日一番の収穫です。

今日の作業
各種収穫
タヌキの撮影

今日の収穫

サツマイモ
サトイモ
パクチー
ダイコン
サンチュ
ニンジン
ヤブマメ
キヌサヤ

キャベツの葉に水滴

タヌキです。あとで、ゆっくり…。

落花生の葉が枯れてきたので、ちょっと掘ってみました。
できてますね~。
ゆで落花生、ホクホクしてコクがあっておいしいですね。
生産者じゃないと手に入れにくい生落花生💛。

いろいろ掘るものが多いのだけど、雨続きで湿っていて土が重いです。出てくる作物も泥んこだ~。


サツマイモ なんとか掘り終えました!

イモずるでプラ~ン

霜が降りました。
焦りました。
適温に、置いておけば、一年でも二年でも生き続けるスゴイおイモですが、寒さにはまるで弱く、枯れて腐ってしまいます。

雨の隙間をうかがって、行き返りのガソリン代を気にしつつ、チョコチョコ掘り続けました。

イヌタデ、ミゾソバに囲まれる、小ぶりのおイモ

家製の苗から育てています。
無料でいくらでも苗が採れるもので、ついつい植えすぎてしまいます。掘り出すのが大変になるのに…。
 恒例 毎年の反省。

でも、失敗して収量が少なかったらと思うと、保険をかけずにはいられないのでした。

その結果、置き場所に困るほどたくさん採れます。

食べきれないので、友人知人に配るのですが、あまり大きなおイモは歓迎されてないようです。
オーブンで焼き芋に調理するとき、火が通りやすく扱いやすい、小ぶりのものが喜ばれてます。
大きいと切るのも硬くて苦労しますしね。

サツマイモの苗のとり方(ぽてぽて風)が気になる方は、こちらのページのサツマイモの項目をご覧ください。

そこで、今年は小さめのおイモを目指して実験しました。

実験の結果と考察

いつも通りの畝のほか、⓵黒マルチを使わない畝②遅く植えて栽培期間が短くなる畝を作りました。あと、③連作の畝です。

- 結果 -

はっきり、効果が分かるようなものではありませんが、③連作の畝が一番イメージに近い収穫ができました。

黒マルチを使わない畝は、収量自体が少なくなってしまいました。
むやみに大きいイモはありませんでした。
寒冷地なので、やっぱり黒マルチはした方が生育にはいいです。が、なくても、まあ作れるということですね。

問題なのは、②遅く植えた畝です。
成長過程の一口サイズの、カワイイのがとれるかと思ったのですが、掘っても掘っても地下茎は、鉛筆ぐらいの太さしかありません。
いくらかは、一口サイズのおイモができていたのですが、ほぼボウズといった感です。

遅く植えたのが、影響しているのか、どうかもよくわかりません。
つるは、けっこうよく伸びていたので、いわゆるつるボケの状態になったようにも見えます。

つるボケは、窒素過多、つる返し不足、排水不良、などでおきますが、ほかの条件はそんなに変わらないので困惑しています。

生きもの相手は、なかなか思う通りにはならないですね。
来期も、実験は続きます…。🙂

ジャガイモも、やっと、掘りおわりました。

ミゾソバの花に囲まれる

最後の畝は、メークインの場所でした。
今年は出来が良く、きれいで大きなものがたくさん採れてうれしいです。

肥大する時期に日照り続きだったのが、たぶん、良かったのだな。
男爵も、アンデスレッドもよく採れました。

煮崩れがしにくく、つるりとした形で皮が向きやすく、使い勝手のいいおイモです。

子どもたちが小さくて、手がかかるころは、時短につながるメークインがありがたかったです。

男爵系のおイモは、ホクホクの食感ですし、レッド系はコクのある味わいでそれぞれに、いいところがあります。❤️

これで収穫の総量が分かったので、友人知人にどれぐらいの量を配れるかはっきりしました。
お届け開始です。
むやみに、人と会うことがためらわれる昨今、玄関先での立ち話が楽しみです。


サツマイモと違って、寒さに強いジャガイモは、屋外に置いておいても大丈夫なので、あまり置き場所には困らないのですが、厳寒の時期には凍ってしまうものが出ます。
凍っただけものは問題なく食べられます。
しかし、一度凍ったものが、暖気で解凍されたものは、食感が悪くなるうえ、放置すると腐ってしまいます。

(凍結と解凍を繰り返しながら、水分を抜いて作る乾物があります。保存食として何年でも保存が効くそうです。食糧難に備えて作り方を覚えておいてもいいかな?)

雪が積もるまで、あと、ひと月です。
さて、秋に成長したレッド系の株の、おイモの肥大は間に合うでしょうか?
   実験、継続中です。

ハクサイの収穫をしました。

結球したところを、押してみると十分のかたさを感じます。

霜にあたった植物は、糖度をあげることで、凍結対策します。霜はすでに降りています。山頂付近はもう白くなっています。

収穫適期ですね。

外葉がちょっと穴あきです。この感じはヨトウムシですね。今も、いるのかな?

外葉を寄せてみました。

ハクサイの形が出てきました。
中はあんまり喰われていないようですね。

根元を鎌で切り、収穫しましょう。

こんな感じです。
外葉を、数枚はぎとりました。
お店で見かけるハクサイのそのままですね。

よく できましたー。(#^^#)

このサイズのものが、ほかに10個ほど、やや小ぶりなものは無数にあります。
 いいですねー 豊作、豊作。

どうも、苗を作ってから移植するより、直播で種を撒いたほうが、うまく育っています。
そのほうが、コストも安いし手間もかからないし、いいことづくめですよね。

実は、白菜も実験継続中のものがあります。

昨年収穫しなかったハクサイに、春に花が咲きました。

その花が結実し、種ができたのを夏の終わりごろ撒いてみています。

白菜の花
成長中の自家採種のハクサイ

F1種の種かもしれないし、どんなのができるのか見ていきたいです。
芽はちゃんと出ました。成長もしました。
マルチにしなかったためか、成長は遅めです。
結球も始まっています。

イケるかな?

ただ、ハクサイは、たまになんか苦いものができます。
窒素過多が原因とも、先祖返りが起きているともいわれます。
自家採種だと、先祖返りにヒットしそうな予感もします。

さて、ぽてぽて実験農場、自家採種のハクサイはどんな結果になるでしょう。

お楽しみに~!(^-^;

とても、手抜きで簡単な、白菜のミルフィーユ鍋のつくりかたのページを作りました。
よろしければこちらもご覧ください。

タヌキがでたぞ~

懸命にジャガイモを掘ってたら、すぐそばにタヌキがいました。

とりあえず、逃げないうちにとスマホで撮影したものです。右見て、左見て…。

焦りつつも、カメラを取り出してこっそりと覗いてみました。

いる。いるぞ~。

向こうも、こちらをうかがっていました。

イモほりそっちのけで、撮影会開始です。♪

より詳しいお話は、別なページを作ってご報告したします。
ただいま製作中です。 動画もあるよ。

できあがったら、是非みてやってください!


畑への山道の紅葉がキレイだったです

紅葉の下をドライブした気持ちになれるかな? 


高原のコスモス

あとは、雪が降る前に、落花生、掘って、里芋掘って、ニンジン掘って、菊芋掘って、長ネギ掘って…。😅


このブログ内の写真は、ほぼ全部、ぽてぽてが撮影したものです。
お気に召した写真がありましたら、下記のサイトから、きれいな画質でダウンロードできます。
枚数に制限はありますが、無料です。

写真素材素材【写真AC】

にほんブログ村ランキングに参加させていただいています。励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。