最近のコメント

Thumbnail of new posts 043

: 家庭菜園

さやインゲン・自家採種で安心無限栽培する『ぽて²菜園記』

自家採種は、種子を買わなくても栽培ができること以外にも、メリットがあります。さや ...
Thumbnail of new posts 194

: 家庭菜園

白菜の自家採種・苗移植・食害『ぽて²農場記’22』12月

白菜栽培を、F1の自家採種の種子でもうまくいくか試してみました。「市販の種子」 ...
Thumbnail of new posts 198

: マンガ

漫画エッセイ『ぽて²農場記’22』【家庭菜園周辺マンガ】③

家庭菜園周辺での出来事の漫画仕立てのエッセイです。 今回は、ネズミと鳥たちが出て ...
Thumbnail of new posts 189

: 家庭菜園

キクイモ・勝手に増えー、売れる!『ぽて²農場記’22』11月

家庭菜園のキクイモについての情報です。ここでは、丈夫で採れすぎるキクイモを管理す ...
Thumbnail of new posts 185

: 家庭菜園

サツマイモ・自家製苗でホックホク『ぽて²農場記’22』10月

市販の苗とちょっと違う見た目の自家製苗の植え方をお伝えします。長さのない苗なので ...

簡単!白菜のミルフィーユ鍋 ズボラでごめん『ぽて²農場記』               

2022-11-10

おいしい白菜のミルフィーユ鍋の
ラクチンな作り方

横長にすると、スマホで見やすくなるかと思います。すみません。

レシピ 白菜のミルフィーユ鍋

霜が降りてからの白菜は、甘みが増してホントに美味しいですね。
まさに旬です。

登園でも、収穫適期を迎えて
食べきれないほど、手にはいりました。

とれたて白菜をたっぷり食べられて、
身体もポッカり温まる、みんな大好きミルフィーユ鍋の
簡単すぎる作り方をご紹介します。

材料

白菜  ———-  10枚ほど

豚バラ肉  —– ひとパック(300グラムほど)

水、塩、酒(日本酒)  少々

お鍋と蓋

手順・概要


一般的に、
白菜と豚バラスライスを交互に重ねてから、切りそろえていきますが、
これだと滑って肉が切りにくいです。

お肉が、ずるっと出てきちゃうよ。

なので、
白菜を切りそろえ、鍋に入れてから、
豚バラスライスを間に挟み込みます。

そして
水、塩、酒を入れ火にかけます。
これだけです。

詳細

白菜を切る

白菜の葉を、10枚ほどはがします。

きれいに洗って、切りやすい量を重ね、まな板に載せます。

葉をはがした部分のギザギザの端を切りそろえて、
切り口がきれいに見えるようにします。
ただ見た目の問題です。

気にならないなら不要です。

食べやすい大きさに、(5㎝ほど)に切りそろえます。

はじっこのギザギザを切りとり、5㎝ほどに切ります

白菜を 鍋に入れる

切った白菜を、重ねたまま、鍋に立てて入れていきます。

あとで、あいだに豚バラスライスが挟み込まれるので、
隙間がゆるゆるで、ちょうどいいです。

見た目を重視する方は、並べ方にも気を使ってもいいですね。

豚バラスライスを切る

次に豚バラスライスを切りそろえていきます。

豚バラスライスが、
トレイに入ってラップにくるまれている前提で話をすすめます。

くるまれたラップごと、
パックを軽く水洗いします。
(表面が何かで汚れていると困るから。)

ひっくり返した状態でまな板に載せ、
ラップを開きます。まな板→ラップ→肉と重なります。

肉はラッピングされたときのまま、きれいに並んでいます。

この状態で、包丁を入れていきます。

折り返してある部分も、そのまま切っちゃって大丈夫です。

ラップがあるので、まな板の汚れは少しですむことと、
パック内に並べてある肉の列が乱れないので、
若干ですがスピードアップにもなるのが利点です。

切る箇所が少ないので、
ラップは切れ目が入るだけで
肉にくっついてきたりはしません。

白菜の間に肉をはさみこむ

切った肉を、鍋に並んでいる白菜の間に挟み込んでいきます。

「めんどくさそう~。」
と感じるかもしれませんが、
やってみると、意外とささっと、できあがります。

白菜とバラ肉を重ねてから切ると、
ずれたり、肉だけ飛び出したり、鍋に入れる時にばらけたり、
そんなイライラとは無縁です。

はさみ終わるとこんな感じです

はさみこむときは、重なっている白菜の隙間を広げ、差し込んでいきます。

この繰り返しです。

中古レコードを物色しているあの感じです。
(伝わるかどうか…。)

大きめに広げると、作業が楽です。

肉は一枚づつじゃなく、2枚ぐらい重なったままはさんでいくほうが、
幅もあるし、早く片付くのでオススメです。

ゆるかった白菜の重なりが、
肉がはさみこまれることでぎゅうぎゅうになってきます。

それでも、
少しの力で、肉がはさめるぐらいの隙間はあくので大丈夫です。

広げて突っ込む、
お箸二刀流でも、素手でも、煮込んじゃうので大丈夫です

全部、はさみこんだら、
半分ぐらいまで水を入れ、塩を振り、酒を少々入れたら、
ふたをして加熱します。

肉に火が通ったら食べられます。

白菜がクッタリした頃が食べごろと思いますが、
その辺はお好みでどうぞ。

豚バラから旨味が、白菜からも旨味と甘みと水分が出て、
これだけで十分においしいです。

お好みで、味付けポン酢など、つけダレを使ったり、
だし昆布を使ったり、ニンニク風味を利かせたり…。

アレンジはいくらでも、お楽しみいただけます。♪

安くて美味しくってポッカポカ!


ぽてぽて実験農場記’22 過去記事はこちら

こちらもご覧ください



家庭菜園『ぽてぽて実験農場』日記【11月3日】⓵ はこちら

写真素材素材【写真AC】


左記のサイト「photoAC」から、
きれいな画質の写真がダウンロードできます。
枚数に制限はありますが、無料です。

当ブログに使った写真も投稿しています。