最近のコメント

Thumbnail of new posts 118

: 家庭菜園

さやインゲン・自家採種で安心無限栽培する『ぽて²菜園記』

自家採種は、種子を買わなくても栽培ができること以外にも、メリットがあります。さや ...
Thumbnail of new posts 105

: 家庭菜園

白菜の自家採種・苗移植・食害『ぽて²農場記’22』12月

白菜栽培を、F1の自家採種の種子でもうまくいくか試してみました。「市販の種子」 ...
Thumbnail of new posts 195

: マンガ

漫画エッセイ『ぽて²農場記’22』【家庭菜園周辺マンガ】③

家庭菜園周辺での出来事の漫画仕立てのエッセイです。 今回は、ネズミと鳥たちが出て ...
Thumbnail of new posts 030

: 家庭菜園

キクイモ・勝手に増えー、売れる!『ぽて²農場記’22』11月

家庭菜園のキクイモについての情報です。ここでは、丈夫で採れすぎるキクイモを管理す ...
Thumbnail of new posts 153

: 家庭菜園

サツマイモ・自家製苗でホックホク『ぽて²農場記’22』10月

市販の苗とちょっと違う見た目の自家製苗の植え方をお伝えします。長さのない苗なので ...

ハクサイの収穫と保存、栽培まとめ・家庭菜園『ぽてぽて実験農場』日記【11月20日】⓵ - 2021年 冬 -

2021-12-10

今日で、一応、今年の畑おさめです。
ただ、まだもうちょっと育ちそうな作物があるので、積雪するぎりぎりまで畑に置いておきます。
お天気の週間予報を眺めながら収穫するタイミングをはかります。

今日の作業
各種収穫
冬じたく

今日の収穫

ハクサイ
ダイコン

冬日に透ける
白菜の葉

このあたりのハクサイは、
巻いてはきているんだけど、もうちょっと。

こちらは、自家採種のハクサイの現在の姿です。
結球にはいたらなかったです。
この状態で、いくつか味見してみます。
来季、花芽が出ると思うので、
それもまた採取して栽培してみます。


ハクサイの収穫

白菜は、結球した部分を手で抑えてみて、しっかりかたさを感じたら、収穫適期です。

寒さに強く、少しぐらい雪に埋もれても全然平気です。
かえって糖度が上がっておいしくなるといわれます。
外葉を寄せて、ひもで縛っておけば、寒い間は畑で保存可能です。

結球が、きっちり巻いていて、固さも十分・収穫適期です

でもね…。 ハクサイは大丈夫でも、雪が深くなると、畑まで車で入ってこれなくなるんですよ。💦
だから、今日は収穫適期のものは全部、収穫してしまいます。

大きな段ボールも持ってきました。

ハクサイの収穫の手順

結球部分を押してみて、しっかりしたかたさがあれば、収穫適期です。

これは、合格です。

大きさは、市販の普通サイズほどです。
外葉にしっかり守られています。

外葉を、開いていきます。白い結球部分が露出してきました。

外葉には、ムシクイや泥はね、落ち葉などの汚れも溜まっています。

これは、食べるに値しないと思う部分はどんどん分けてしまいます。

搬送中に、傷んだり汚れたりするので、保護用の外葉をひと巻き残します。
このひと巻きは、保存の際も内側を守ってくれます。

結球部分を、少し倒し根元を、鎌や包丁で切ります。

切り取りました。

お店で見かける姿になりました。

根元が土で汚れていますが、外葉の分、高さがあるので、あとでキレイに切り落とせます。

段ボールに立てて、詰めていきます。今回は、6個収穫しました。

すでに4個は収穫して、食べちゃったので、今期は今のところ10個収穫できています。
もうちょっとなのが、まだまだ残っているし、今年は大豊作です♪

気温が低くなっているこの時期からならば、この段ボールに詰めた状態で、春ぐらいまでは何とか保存できます。

お鍋に、漬物、炒め物、和・洋・中と重宝なお野菜です。
とれたてハクサイは、やっぱり違います♡

簡単な、「白菜のミルフィーユ鍋の作り方」 はこちらから


ハクサイの栽培 【2021年 まとめ】

ハクサイの花・5月 

5月 栽培開始・種まき

ハクサイは冷涼な気候が好みです。
一般的には秋植えの野菜なのですが、当地は十分冷涼です。
冬も早いので、初夏ぐらいには種まきをしておかないと、晩生では間に合わなくなってしまいます。

育ち始めたハクサイ

ということで、
5月中旬には、種を蒔いて栽培開始です。

大物が採れると楽しいので、晩生、を栽培しています。

灌水が頻繁に必要なポリポッドで苗を作るより、直播で移植したほうが、うまくいっているので、今回も直播しました。

移植を前提としていたので、マルチは使いません。

順調に芽吹き、本葉が数枚育ったものは、苗として、専用の畝へ移植します。

6月 苗も根づき、順調な生育

移植先で、順調に根付き、生育を始めたハクサイです。

移植時の葉は、傷みがみえますが、新しい葉がどんどん出てきています。

ところが…。

7月 日照り続きで、ほぼ全滅

これはキャベツなんですが、このありさま

パタッと、雨が降らなくなってしまいました。

他地域では、人命が危ういほどの豪雨となっていたのに、その反動なのか、2週間ほども全く雨が降りません。

葉物野菜が壊滅的に打撃を受けました。

順調だったハクサイも成長どころか、葉の数が減っていくばかりです。

8月 急きょ、蒔き直し

ハクサイのさや入りの種

ここまでダメージがあると、今後の生育も期待できそうにありません。
急きょ、種を蒔き直すことにしました。

秋の大根用に準備していた畝に、直播です。
移植ではなく、黒マルチの植穴に数粒蒔いて、間引いていく方法をとることにしました。

今からで、間に合うのか不安です。

ついでに自家採種も種まき

ついでに、花の終わった後に結実していた、昨年のハクサイの種も、撒いてみることにします。

F1種かもしれませんし、ハクサイのそのものがアブラナ科の植物と交雑しやすい種なので、どう成長するか見当もつきません。

楽しい実験ということです。

9月 ムシに喰われる

ウリハムシモドキかな?

日照りも落ち着き、順調に発芽し、成長を続けています。
ところが、妙に葉に穴が目立ちます。

よく見てみると、ピカピカの甲虫がものすごいスピードでかじっています。

申し訳ないけど、駆逐しておきました。

思えば、ハクサイって、同じアブラナ科でもキャベツほどアオムシがつかないですね。

10月 順調に生育 生き残りを追い越す

順調に生育を続け、中央の葉が立ち上がり、結球の兆しです。

外葉が、小さめな気がしたのですが、結球部分も、外葉もまだまだ成長しているみたいです。

春に蒔いた分の生き残りも、勢いが戻ってきましたが、撒きなおした分のほうが断然よく育っています。

11月 無事収穫期を迎えました

春に蒔いた分のハクサイが、枯れてしまったときには、絶望的かと思ったのですが、結果的には、大豊作となりました。

あきらめなくてよかったです。(#^^#)

ところで、
ポリポッドで、苗を作る意義って何なんだったけ?
直播で全然大丈夫そうですよね?


柘榴・熟して割れるとなんか迫力!


このブログ内の写真は、ほぼ全部、ぽてぽての撮影です。
お気に召した写真がありましたら、下記のサイト「photoAC」から、
きれいな画質でダウンロードできます。
枚数に制限はありますが、無料です。

写真素材素材【写真AC】

にほんブログ村ランキングに参加させていただいています。
励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。